対外開放

発表日:2022-03-21 閲覧回数: フォント:[ 大きい 正常である 小さい ]

【概況】2020年、全市の輸出入金額は1344.3億元、前期より19%減。そのうち、輸出額は455.3億元、前期より33%増。輸入額は889億元、前期より32.5%元。輸出入、輸出、輸入総額はそれぞれ全省の第6位、第8位、第3位となった。貿易方法から見ると、全市の加工貿易輸出額は99.2億元、一般貿易輸出額は328.2億元、その他貿易の輸出額は27.9億元。輸出市場から見ると、アジア向け200.4億元、ヨーロッパ向け83.2億元、北米向け66.1億元、アフリカ向け53.3億元、南米向け38.7億元、オセアニア向け13.7億元。重要商品から見ると、ゴムタイヤ176.2億元、化学製品45億元、石油装備34.1億元、自動車部品15.5億元、紡織品13.6元。輸出市場から見ると、ヨーロッパから302.1億元、アジアから222.9億元、南米から163.3億元、アフリカから138.4億元、オセアニアから39.8元、北米から22.4億元となった。重要輸入業者から見ると、、原油758.8億元、合成ゴム11.6億元、銅及びその製品7.2億元、原料オイル10億元、天然ゴム12.6億元、パルプ7.1億元、鉱砂6.1億元となった。

全市の新規外資企業は64社、契約した外資は16.58億米ドル、実際に使用した外資は4.45億米ドルで、前期より151.6%増となった。実際の対外投資額は12.63億元、前期より272.6%増、新規海外投資企業(機関)14社、対外工事請負の新規契約金額は0.22億元、完成した売上高は6.66億元となった。